seventeen non-nights

night one

life and her

semi-infinite come-me-bys

is sometimes not enough

for what i want and need.

schizophrenia makes it hard

to pursue my ambitions

sometimes, all there is is the poetry

to keep my ship steady and adroit

to keep the over-resting from consuming what's left

of my half-buried ambition

from plunging into madness

i would love

a hug

more often

sometimes.

night two

頬の先真っ赤っか

頭傾け笑って

いつものような夜、いつものような笑顔

もう2度と見ない笑顔だったことさえ知ってば

笑わないことはしなかっただろうと私は思う。

どこ行っちまってんのかな

そうしてまだ笑っているんだろうな。

night two point five

詩を書いた

言葉の垢抜けした詩ではない

テーマの深い詩でもない

いい詩でもない。

短く醜く

下手くそな詩なんだ

でもさ、俺の詩だ。

書き続けましょぅ?

night three

凶暴の意味を分かって

やっとの殴り合い

女ってこういうものか。

night three take 2

俯き癖坊ちゃん

いつも髪に顔を隠して身

寂々と家に帰り

眠りの泥棒に命を半切されちまう。

night four

uncommonly ugly

steeped in gratuitous violence

because death is cheap.

rain shines,

and the moon pours.

night four take 2

雀が鳴いていない

郷愁、哀愁

安いお酒で世を破壊。

night five

night wind is hot-cold,

and my joint isn't lit

fuck.

night six

窓硝子崩れ出してきた夢

またも白眼、白眼、白眼...

救いは人を騙すこと?

救いは人を無くしてくれること?

救いは隣人への挨拶だってこと?

解らない。

night seven

going to pieces

singing sweet lullabies for my ex-teeth

glowing vermillion dots in the distance

are they watching?

nobody knows

the dance i never danced

and glares of white light throughout my childhood.

night eight

dreams fallen asleep

hum of a laundry machine

bottle of codeine in a jacket pocket

production lines unstopping

smell of a city bus

color of the sky on prozac

i fell asleep under the christmas tree.

night nine

ちっぽけな街の星空の下

雲が来たり

雨が降る。

家のない私の本が

濡れて淋しい。

night ten

we wrote all over the bathroom mirror in blue lipstick

plastered the walls with our fingerpaintings

covered a guitar in cigarette packaging

god, what didn't we do?

we even watched foster's home high on dope.

night eleven

よっぽど4年前、買えばよかったという本を買わなかったんだ。

田辺聖子の「あかん男」という本だった

読みたい

night twelve

the world has become such a dark place

a cute giggle, a pretty face,

keep it all away from me!

i can't afford to lose anymore of my world's light!

everything is intolerably dark, everywhere is egregiously filthy

don't ask me to take a chance on you!

there never has, nor could ever be another chance!

keep away from me!

i'm sharp and you are soft,

allow me to stay in this razor-wire cage,

so you don't cut yourself on me.

night thirteen

ゑこ、

あなたとの退屈、最高だった。

night fourteen

真夜中の電車に起こされた。

完全に悪夢から離れてないままの半醒の恐怖。

何処だ..あぁ、電車だったか..そっかな..この部屋だね..

意識がやっと戻った。狹くて汚い部屋だった。彼女の部屋..いや、僕たちの部屋だった。

停電っか。蠟燭一本の火だけの明るさで壁が視える。紙何十枚が壁に貼り付いた。

希蘭がぐっすりと寝ている。蠟燭の光で視える裸の体..その背中の輪郭ってやつか何か..美々しい。

彼女の息のリズムで少しでも落ち着いた。

「愛してる」と囁いた自分は

もう一回寝ようとした。

night fifteen

土砂降りの雨だった。言いたいことが声にならないほどの哀しさだった。

みんなに裏切られる妄想だった。お酒だった。泪だった。白だった。

捨てられることも、裏をかこうかなという考えも、心を込めることも、踊りまわることも、せがむことも。

解りづらい。

night sixteen

the stark honesty of months prior gives way to endless anxiety

as it always does.

night seventeen

顔の美しさ、と言えば特別に(世間の意見で)魅力的ではないけれど私にとってはどことなく好きになっちまったんだ。なぜだろうかって、見れば見るほど気に入るようになる顔だ。

社会の人間には、美しさということは合意で成立されて、大体同じようなこと。美人とは、「テレビで見るような形」という意味となった。

そういう基準で、この人は特に美しくあるまい。

でもそれこそは本物の美しさではなく、それはただの欲だと思うのだ。本物の美しさは、欲という概念を遥かに超え、地球的な理性とか語彙とかで定義できないほどの、先天的な意義と無意味を持つことだろう。

顔の完璧でなさはなぜか完璧になり、いや、完璧よりも眩しく、正しく、自然でなぜか知らずその理解されない何かへ引かれて、瞬く間にその本質の虜となっちまう。

こういうのは美しさそのもの。